伊太利亜半田舎生活

海まで5分、山まで20分、ちょっとした都会まで10分、大都会まで60分の理想郷(ただし立地・自然環境のみ)

イタリアに来る前に住んでいたところのすぐそばにある河川敷。

20160608_120416

この広いスペースは放し飼い禁止ではなかった!

おかげで愛犬ものびのびボール遊びができました。

ここは、主に大型犬を連れた飼い主たちが

人けがなくなる夕方に集まり、

特に言葉を交わすでもなく、

あちこちにバラけながら遊ばせたり訓練したり。

人も犬もみんな笑顔でした。


↑よりリアルなイタリア生活のつぶやき。



↓ランキングボタンをポチっといただけると喜びます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


イタリアは歯の治療費がバカ高いという記事を以前書きました。



さて、この1週間ほど歯痛に悩まされた私。。。

(((( ;゚д゚)))オイオイオイ

痛い時は痛いのだけれども、痛くない時は全く痛くなく。

(主に、夕方以降疲れを感じる時に痛くなる)

さてどうしたものかと1週間様子を見て、とうとう歯医者に行ってきました。

今日はレントゲンを撮って問題を明らかにし、見積りをだすこところまで。

cat-3783130_640
写真はフリー素材です。

○●○●○●○●○

歯医者さんの見立てでは、以前に治療した歯が炎症を起こしているので

1. 詰め物を外し、神経を取り、詰め物をかぶせる

2. 少し欠けている隣の歯を治す

が必要とのこと。

さて、肝心の見積金額はというと


ダララララララ(ドラムロールの音)


1,455ユーロ(約17万4,000円)


(つд⊂)ゴシゴシ

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


これなら、日本に帰って、実費で歯の治療を受けて、美味しい和食を食べて帰ってくるわ。

○●○●○●○●○

別の歯医者にも見てもらいます。。。


↑よりリアルなイタリア生活のつぶやき。



↓ランキングボタンをポチっといただけると喜びます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


私達は息子が6歳の誕生日を迎える数ヶ月前まで親子3人川の字になって眠っていました。

イタリアでは、赤ちゃんの時から一人で寝かせます。

それゆえ、夫側の家族からのプレッシャーは相当なものでした。

(それについても、そのうち書きますね)

そんな私が添い寝と一人寝のどちらをお勧めするかというと...

一人寝!!

animal-967657_640
写真はフリー素材です。

○●○●○●○●○

1. 別々に寝ると親の疲れの取れ具合が全く違う。

赤ちゃんのうちはいいけれども、大きくなってくると押されてよく眠れない日も多々。。。

(5歳になってからは、さすがにダブルベッドとシングルベッドをくっつけ、シングルに息子が寝ることで狭さ解消)


2. 「寝かしつけていて寝落ちした」という事態を避けられる。

私が寝落ちした時間を計算すると、かなりの時間になると思われます。。。貴重な時間が!

(´Д⊂)


3. 親が自分の時間を確保できる。

2と関連しますが、これって大事。育児が始まると煮詰まりがちになりますよね。

子どもがベッドに入ったら、好きなドラマを見たり本を読んだりして息抜きしましょう!

たまった家事を終わらせてすっきりするもよし!

○●○●○●○●○

さて、子ども目線で見ると、

我が家の場合、母親(私)が起きると息子も目を覚ましてしまい...

睡眠の質を考えると最初から一人寝に慣れさせるべきだったなぁと途中で後悔したこともあります。

3
息子に添い寝する愛犬(2人とも私の脚の上)

じゃぁ、どうして5歳まで川の字で寝ていたかというと...

息子のぬくもりが愛おしくてたまらなかったから(爆)

いったん一緒に寝ちゃうとだめですね。

なかなか一人寝をさせることに踏み切れませんでした。

息子の長い人生の中のわずか5年程度。

疲れようとなんだろうと、親子が一緒にくっついて寝た思い出があってもいいんじゃないかと思ったわけです。

じゃぁ結局どっちがいいのよ、という話になるのですが(;^ω^)


↑よりリアルなイタリア生活のつぶやき。



↓ランキングボタンをポチっといただけると喜びます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

9月が新学期のイタリアで新1年生になった息子。

先日初めての保護者会があり、先生方の紹介と、授業の進め方などについて説明がありました。

(我が家は息子を預ける人がいないので夫だけが出席。両親での参加も結構いたそう)

例えば、

・イタリア語(国語)の授業では、アルファベットから始めるのではなく、単語で学んでいく。

ABC(アービーチ―)とアルファベットを覚えるのではなく、APE(アーペ、蜂の意味)など単語で音や読みを学んでいくそう。

確か、英語圏でも「エービーシー」ではなく音と字を結び付けやすい発音で教えるんですよね。

kids-2985782_640
写真はフリー素材です。

○●○●○●○●○

説明会に続いて、親の代表者(日本で言うところの役員)を決める時間に。

代表者はクラス(息子のクラスは生徒23人)に1人だけ。

何をするかというと、

・先生と親全員の間に入ってやり取りをする(先生の電話番号を唯一知らされる)

・集金作業

など。

日本と比べたら、あっさりした感じかな。

これならさほど負担じゃないですよね。

今は連絡手段にWhatsapp(LINEと同じようなアプリ)もあるしね。

これは、あるお母さんが自ら名乗り出たとのことですぐさま決定しました。

(誰もいなかったら夫がなろうかな、なんて言ってましたが)

○●○●○●○●○

今日さっそく代表者の方から集金の話があり、10ユーロ支払いました。

これが何に使われるかというと、

授業で使うプリントのコピー代とトイレットペーパー代。

公立ですが、財政は厳しい模様。。。

先生と親の個人面談は12月に行われるそうです。


↑よりリアルなイタリア生活のつぶやき。



↓ランキングボタンをポチっといただけると喜びます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ